EUとNAがまさかWorlds SemiFinalで争うことになるとは

Worldsの歴史において、第一回こそ優勝を飾ったがその後苦汁を舐めてきたEU。 はたまた、期待だけは大きくしかし結果はなかなかでてこなかったNA。 どちらの地域も韓国や中国と比べたら一段落ちるというのが世界の評価だったでしょう。 しかしその下馬評を覆し、ついにWorldsのSemiFinalという大舞台で激突しました。(次は何年後になるのかな) その激突するチームはEUがFnatic、NAはCloud9ですが当然私はFnaticのファンボなのでFnatic応援。 Cloud9もDFMがお世話になった好きなチームですが、今回は苦汁を飲んでもらいましょう。 当サイトはFnaticを応援しています!

FNC vs C9 1試合目

▲お互い自分たちの色の見えるピック ▲美しすぎるファーストブラッド ▲あのリコリスが簡単にソロキルされてしまう ▲圧倒的に実力差を見せつけ初戦をFNCが制する Capsにルブラン、Bloaxahにリーシンを与えてはいけない。 それが如実になった試合と言えるでしょう。 序盤から次々にキルを量産していくFnatic。 圧倒的な個人技の差を見せつけC9を全く寄せ付けず1試合目をFnaticが勝利しました。

FNC vs C9 2試合目

▲SneakyまさかのBOTビクター!! ▲2試合目はうって変わってC9がファーストブラッド獲得 ▲チームの完成度が伺えるFNCの素晴らしい仕掛け 1試合目から修正したC9は、序盤を互角に渡り合い、五分五分でミッドゲームに突入していきます。 しかしこのシーンが決め手となりFnaticが一気にゴールド差を広げました。 ミッドで2キルと1デス交換を行ったFNCでしたが、その状況からバロンラッシュを決断。 人数差やまだ整っていない装備を考えると、危険な選択に見えましたがそれは浅はかな考えでした。 お互いが先の集団戦で使ったアルティメットスキルの差までをも考慮していたFnaticは、まったく危なげなくバロンとキルを奪い決定的な差をC9相手に作り出しました。 そして最後はCapsのアジールによるスーパープレイでCloud9に止めを刺しました。 これでFnaticの2連勝。C9は絶体絶命のところまで追い詰められました。 試合を通じてのCapsのダメージ量も半端じゃないことになっています。

FNC vs C9 3試合目

▲運命の第3戦でSneakyのルシアンにすべてを託したC9 ▲RekklesがSneakyを捉えファーストブラッドを獲得したFnatic ▲C9の素晴らしいカウンタープレイ ▲Bwipoのビクターが上手すぎる ▲鮮やかに集団戦を作っていくFnatic ▲バロンを持ち帰らせないぞと追撃するが返り討ちにするFnatic ミッドゲームに突入する時間帯にかけて、C9が集団戦を制しゴールド差を優位に進めます。 しかしFnaticの快進撃はここからでした。 その後の集団戦を鮮やかなセットアップやカウンタープレイで次々に勝利していきます。 特にBwipoのビクターが止まりません。 ノックアウトステージにて唐突に表れたチャンピオンであるビクターですが、Bwipoのビクターはその中でも格別ですね。 ▲最期は圧倒的装備差にC9なすすべなし、Fnaticが3連勝を飾る 最後は作り上げた有利を活かしてFnaticがC9に引導を渡しました。 終始素晴らしい試合展開を繰り広げたFnatic。TOPレーナーであるBwipoも素晴らしいリアクション(顔芸)を見せてくれました。 ▲この怒涛の3タテ劇場にはBwipoもこのリアクション

感想

G2 esports然り、C9然り、プレイインからベスト4まで勝ち上がったことはとても素晴らい成績です。しかしその長い旅もここまででした。 そして決勝へと駒を進めたFnaticに待ち受けている相手は、因縁の相手である「Invicuts Gaming」。 グループDから勝ち上がった2チームがWorlds2018Finalという大舞台で再び戦うことになるとは世界のLOLファンもなかなか予想できなかったでしょう。 しかし、私は予想していました。見てくださいこのPick'em。
どうですか!!!すごいでしょう!!!RNGの敗北を予想できるのは宇宙人かAIだけなので、こと人間という土俵において最高の成績です!!! ……(。´・ω・)ん? 予選はどうだっただって? そんなことよりも決勝楽しみですね!(予選のPick'emは死亡) Inviutus GamingとFnaticの試合はまるで決勝戦のようなハイレベルなものでした。 絶対に見逃すことがないようにしましょう!😊
RiotGamesJPのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

Twitterでフォローしよう