Invictus Gamingが圧倒的実力でWolrd2018王者に

 

今年のWorldsはレーンが強いやつが勝つ

海外のアナリスト達がそう言い放ったメタにおいて、『Invictus Gamingまさに最強だった

KT Rolsterという韓国No.1のチームに3勝2敗でギリギリ上回り、準決勝に進出したInvictusGaming。

結果的にそこからなんと6連勝を決めて、InvicutsGamingはWorlds2018の王者となった。

特に決勝戦、相手はFnaticでありその選手達もここまで圧倒的な実力をみせつけてきた。

しかし、蓋を開けてみればInvictusGamingが終始ペースを掴み、危なげなく勝利を積み重ねた。

1試合目ではTopのThe shyが大暴れ、2試合目ではMidのRookieがネクストフェイカーの名を確実なものとする獅子奮迅の活躍

そして優勝をかけた3試合目では「俺も最強の一人だ」と言わんばかりにADCのJuckyLoveが序盤からキルを積み重ね、試合を決定づける活躍をした。

しかし決勝戦のMVPに選ばれたのはJugのNingであった。

つまるところ、InvictusGamingが3試合とも序盤から圧倒的有利を築いた要因は、InvicutsGamingの全員が超つよいということだろう。

圧倒的な実力でWorlds2018を優勝したInvictusGamingが、来年再び王者として君臨し続けるのか、それともまた新しい王者が生まれるのか、はたまた、絶対王者であったSKTとFakerが復活してくるのか、今から来年のWorldsが待ち遠しい限りである

 

▲栄光に輝いたIGを特集したドキュメンタリー。日本語字幕で是非視聴してほしい。

 

Twitterでフォローしよう