SengokuGaming

メディア
公式サイト: SengokuGaming
Twitter: @Sengoku_Gaming
Youtube: SengokuGaming
グッズ: Sengokuショップ

Sengoku Gaming(センゴク ゲーミング / SG)福岡を拠点に、若手選手の育成に重点を置いたプロゲーミングチームだ。
LoLを含め複数のチームが活動しており、国内だけでなく世界で活躍出来るチーム作りを目指すことをコンセプトにしている。
世界的に有名な選手を獲得していることから、本当に本気で日本一を目指し、世界の舞台で日本のチームが活躍することを実現しようとしている。

チームの経歴

・2018年よりLJLCS(当時のLJLの2部リーグ)に参加
・2019年 SpringSeasonよりLJLに参加
・LJL 2019 Spring: 4位 (Reiya, Smile, Taka, OdduGi, Raina, Maplestreet)
・LJL 2019 Summer: 6位 (DonShu, Blank, Taka, OdduGi, Raina, PoohManDu)

超大型補強で優勝候補に

世界で活躍することをチームの理念とするSengokuGamingは、2019年に世界的選手であるBlank選手を獲得したことでシーンを驚かせた。

そして2020年、SengokuGamingは更なる躍進を目指し大型補強を行った。

日本人選手に、世界で戦った経験もあり各レーンで日本人トップを争う『Yutorimoyashi』、『Apamen』、『Enty』選手を獲得。

そして『Blank』選手の残留に成功し、さらにもう一人超大型助っ人外国人選手として、あの『Faker』ともスタメンを争った経験を持つ元SKTのミッドレーナー『Pirean』選手を獲得した。

強力な助っ人外国人選手によるミッドジャングルラインと、経験豊富で日本トップレベルのトップとボットコンビを擁するSengokuGamingは、DFMという絶対王者に並んで優勝候補と言っても過言ではないだろう。

SengokuGamingメンバー

トップ: Apamen

メディア
Twitter: @apamelol
OpenRec: Apamen

・元 USG
・LJL 2020 Spring Season にSengokuGaming加入

・2015年より活躍する経験豊富なトップレーナー
・Twitterフォロワー: 7,000人
・LJL 2019 Spring Playoffs: 2位
・LJL 2018 Summer Playoffs: 2位
・LJL 2018 Spring Playoffs: 3位
・1991年11月5日生まれの28歳

ジャングル: Blank

メディア
Twitter: @Blanklol98
Twitch: lol_Blank
Youtube: Blank
OPGG: Blank

・元 SK Telecom T1
・LJL 2019 Summer Season にSengokuGaming加入
・LCK 2016 Spring Split 優勝
・MSI 2016 優勝
・WCS 2016 優勝
・LCK 2017 Spring 優勝
・MSI 2017 優勝
・LCK 2017 Summer 準優勝
・WCS 2017 準優勝
・韓国サーバーチャレンジャー
・1998年4月30日生まれの21歳

2019年SpringからSengokuGamingに移籍した『Blank』選手は、2020年も続投しSengokuGamingでプレイすることを発表した。

Blank選手は経歴を見て分かる通り、SK Telecom T1の黄金期を支えたメンバーの一人である。

Worlds2016では伝説的ジャングラーのBengi選手と共に戦術に合わせてスタメンを変更し、見事優勝を果たす。

何度も韓国サーバーチャレンジャーを達成していることから、Blank選手の実力は間違いなく一級品だ。

そんなBlank選手が来年もまたLJLで見ることができるのはとても幸せなことだろう。

そして2020年には、同じく元SKTミッドレーナーの『Pirean』選手も加入し、SnegokuGamingのミッドジャングルラインはどちらも元SKTというチート級の強さに昇華した。

このミッドジャングルラインを止められるチームは果たして他のLJLチームに存在するのだろうか…。

BlankMontage

ミッド: Pirean

メディア
Twitter: @Pireanlol

・元 SK Telecom T1
・元 SK Gaming
・LJL 2020 Spring Season にSengokuGaming加入

・韓国サーバー Challenger 1130lp達成
・2016年NAにてデビュー
・LJLで4ヵ国目の経験豊富な選手
・1998年4月9日生まれの21歳

昨年、元SKTのBlank選手がSengokuGamingに加入することが決まり、日本LOLプレイヤー達は度肝を抜かれたことであろう

そしてそれから1年後、再びSengokuGamingは日本のLOLファンに驚きを与えた。

Blank選手の続投に加え、新しく元SKTミッドレーナーの『Pirean』選手の獲得を発表。

SKTと言えば、LOLを代表する偉大なミッドレーナーFaker選手が所属するチームであり、そのFaker選手のサブとして活躍した選手がPirean選手だ。

Pirean選手は昨年、ヨーロッパのSK Gamingでスタメンとしてプレイするなど主要リーグでの経験も豊富な選手である。

その経歴に恥じることのない実力を兼ね備えており、昨シーズンでは韓国サーバーで1130lpを稼いでチャレンジャーに到達。まさにLJLのミッドレーンに訪れた最強の刺客である。

しかし、そんなPirean選手が歩んできた道は決して楽な道であったという訳ではない。

LJLにてPirean選手がどのようなプレイを見せて、悲願の初優勝を手にすることができるのか、注目必至である。

ボット(ADC): Yutorimoyashi

メディア

・元 V3 esports
・LJL 2020 Spring Season にSengokuGaming加入

・世界戦の経験もある日本人トップレベルのADC
・Twitterフォロワー: 10,000人
・Twitchフォロワー: 6,500人
・YoutubeCH登録者: 7,000人
・MSI 2018出場
WCS 2017出場
・MSI 2017出場
・1994年7月29日生まれの25歳

Yutorimoyashi Monatage

サポート: Enty

メディア
Twitter: @enty925
OpenRec: Enty
Youtube: えんてぃーびー

・元 USG
・LJL 2020 Spring Season にSengokuGaming加入
・フック系チャンピオンを得意とする日本人最強サポート

・韓国語も堪能
・Twitterフォロワー: 12,000人
・LJL 2019 Spring Playoffs: 2位
・LJL 2018 Summer Playoffs: 2位
・LJL 2018 Spring Playoffs: 3位
・1997年9月25日生まれの22歳

Twitterでフォローしよう