2強感は否めないが付け入る隙はありそう

どうもこんにちは『ゆんとん』です。 ついに最後のグループとなりました。 力尽きて手抜き記事にならないように頑張りたいと思います。 グループDですが、2チームは「もろた(笑)」と思っていて、残る2チームも「ワンチャンあるぞ😊」と思っていそうなグループです。 Pool1 : Fnatic Pool2 : 100 THIEVES Pool3 : INVICTUS GAMING Pool4 : G-REX
▲グループD

Fnatic

TOP : BWIPO / SOAZ JG : BROXAH MID : CAPS ADC : REKKLES SUP : HYLISSANG
▲EU LCSの覇者
EU LCS王者にて初代Worlds王者Fnatic』。 最近はアジア勢に押され、なかなか世界の舞台で栄光に輝くことができていないEU地域。 しかし今年のFnaticは一味違うようです。 海外のアナリスト曰く「優勝しても全然おかしくない」と言わしめる程の完成度だとか。 MIDのCapsとADCのRekklesは特にメカニクスに優れたプレイヤー。 チームをキャリーしていくのではないでしょうか。

100 Thieves

TOP : SSUMDAY JG : ANDA MID : RYU ADC : CODY SUN SUP : APHROMOO
▲NA LCSでなかなかの成績
NAの新星『100 Thieves』。 春夏共に好成績を収めることにより、NAのスーターチームTSM等を抑え、名前通りWorldsのチケットを強奪してきました。 聞きなれないチームですが、メンバーは有名選手をそろえています。 特にSupのaphromooは国際経験も豊富なベテランプレイヤー。 下馬評では厳しい評価の100Tですが、勝利へと導くことができるでしょうか。

INVICTUS GAMING 

TOP : THESHY JG : NING MID : ROOKIE ADC : JACKEYLOVE SUP : BAOLAN
▲春夏共にLPLリーグ戦18勝1敗というとんでもない成績
LPLからやってきた化け物『INVICTUS GAMING』。 韓国と並び、最強のリーグと言われているLPLにおいて春夏共にリーグ戦18勝1敗というとんでもない成績を残しているINVICTUS GAMING。 その原動力はなんといっても春夏MVPのMID『ROOKIE』。 ルーキーと名乗っているくせに、LPLで最も経験のある選手です(笑)。 そしてさすがは、ADC大国中国JACKYLOVEもとんでもないダメージ源としてチームを引っ張っていきます。 間違いなく優勝候補の一角でしょう。 懸念材料があるとすれば、ここ一番で勝負弱いこと。 リーグ戦では勝利を積み重ねても、大事なところで勝ちきれない。 Worldsという大舞台で、それがでないことを祈るばかりです。

G-REX

TOP : PK JG : EMPT2Y MID : CANDY ADC : STITCH SUP : KOALA
▲トルコの雄「SUP」を撃破してグループステージに
LMSからやってきた恐竜『G-REX』。 プレイインステージではグループステージ突破候補であったSUPを撃破してグループステージ突破を決めています。 集団戦の爆発力などのポテンシャルは秘めているがグループリーグを突破する力があるかどうかは正直怪しいところ。 臆せずに自分たちの力を限界以上に発揮できるかどうかが鍵になるでしょう。

筆者予想

独断と偏見を持ってDグループの展望を私「ユンロドリゲス」が予想させてもらいます。 ずばりDグループの順位は以下のようになると予想します。

1位:INVICTUS Gaming 6-0

2位:Fnatic 4-2

3位:100 Thieves  1-5

4位:G-REX 1-5

前評判通りの実力ならばINVICTUS GamingFnaticの2チームが勝ちぬけるのは間違いないはず。 しかし、蓋を開けてみると波乱が起こるのがWorldsです。 去年、MisFitsがグループステージを突破し、ましてやSKTをあと一歩のところまで追いつめるなんて誰もが予想できなかったはずでしょう。 Worldsに向けた『奥の手』なんてものを持ち得ていたら、BO1であるグループステージ、なにがあるかわかりません。 ……とは言ったものの、私はこの2チームが鉄板だと思います(笑)
Riot Gamesのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

Twitterでフォローしよう