DFMが遂にやってくれました!!

Worldsにおいて苦汁を舐め続けてきた日本。

しかし、Worlds2018でついにDFMが今まで成し遂げることができなかった快挙を達成しました。

Play In Groups を突破するには2位以上が絶対条件。

ブラジルの強豪KABUM! EsportsとDFMは互いに1勝3敗で並びタイブレイクヘ。

次へと進めるのは1チームのみ。 その運命の一戦でDFMは圧倒的な実力を世界に見せつけました。

一戦目を彷彿とさせるBAN/PICK

例のごとくターゲットBANによりハイマー、カミールが封印される中、DFMのファーストピックはアーゴット。
Evi選手曰く「アーゴットならレーン負ける気がしない」と豪語する得意チャンピオンです。(Evi選手の配信より)

そして、キンドレッド、カルマと次々にピック。

この構成はDFM vs KABUM一戦目の時の構成に非常に似ています。そう、初戦勝利を飾ったあの構成に。

それに対しKABUM側もエイトロックス、カイ=サと強力チャンピオンを次々とPICKしていきます。

また、ニダリーをPICKしていることから、序盤を圧倒したいという意思が見えました。

ファーストブラッドはDFM

今までの2戦とも、序盤はDFMを圧倒していたKABUM。

今回の試合も積極的にしかけてきます。 しかし、DFMが一枚上手でした。

ドラゴンをさわり始めたKABUMに対して、DFMは各レーンからうまくグループします。

そして連携の差で相手のアリスターを倒し、ファーストブラッドどドラゴンを獲得します。

Eviが止まらない

トップ側にKABUMのJGがいることを確認したEvi選手は果敢にエイトロックスに対して1 VS 1を仕掛けます。

そして圧倒的アーゴットのプレイスキルと状況判断によりソロキル達成。

さらには、ヘラルド周辺でおこった集団戦に対して、Evi選手は相手陣営の裏から入っていきます。

その効果は絶大でした。 デスグラインダーにより1人葬り去り、続けざまに2キル目を獲得。

完全に優位になったDFMはさらにもう1キルを獲得しこの集団戦を勝利します。


▲デスグラインダーで悠々とエイトロックスをソロキルするEvi選手

https://twitter.com/official_ljl/status/1047488934849142784

恐るべき発想。バロンを鮮やかに獲得する

20分を前に4kゴールド差をつけたDFMはここで驚くべき作戦を遂行します。

なんとバロンが沸いてすぐに二人でバロンを開始するのです。

それもADCであるyutapon選手がmidレーンをプッシュしている間にです。

KABUMは当然このバロンラッシュに気づくのが遅れます。

KABUMのJGはこのときBOT側でファームをしてしまいます。 気づいた時にはもう時既に遅し。DFMはフリーでバロンを獲得しました。

▲たった二人で始めたバロン

相手に何もさせないままDFMが圧勝

その歓喜の瞬間がやってきました。

バロンを獲得したDFMは危なげなくMIDとBOTを押し込みオブジェクトを獲得していきます。

ミッドのインヒビターを奪い、BOTのインビヒターを破壊しようとした時でした。

これ以上はだめだと言わんばかりに、たまらずKABUMが仕掛けてきます。 しかしDFMは落ち着いていました。

冷静にKABUMの仕掛けをいなし、反転しています。

VIVID選手の氷河の裂肛が4人を打ち上げました。 これが決め手となりDFMはこの集団戦を勝利します。

そして、勝利の機を逃すことなく、一気に試合を終わらせに行きます。

まだ残っているバロンバフ、TPによりMAXHPで戻ってくるEvi選手。

もはやKABUMに残した手はありませんでした。 DFMが1キルも許さずに圧倒的な実力を見せつけ、このプレイオフを制しました。

おめでとう、そしてありがとうDFM

昨年のWorldsでは何も爪痕を残すことのない惨敗でした。

それにより今年の下馬評も最低。 誰もが『日本は格下』だと思っていたことでしょう。

しかし、DFMはそれを完全に覆してくれました。 全試合でDFMらしさを見せつけ、さらには一つ上のステージへと進むという結果も残してくれました。

間違いなく日本のLOLシーン、並びにesportsシーンにとって素晴らしい快挙でしょう。

観戦していた私も、つい「DFM! DFM!」と熱狂してしまいました笑 しかし、まだまだWorlds2018は続きます。

2位でグループを突破したDFMがあたるのは1位でグループを突破したチーム。

その相手とのBO5は正直、とても厳しい試合となるでしょう。 しかし、期待せずにはいれません。

まだまだDFMの躍進を見ていたいです。 Fighting DFM !!!

▲katsudion、Day1の実況者コンビもこの喜びよう

Twitterでフォローしよう