Worlds Play In Stage 3日目

日本代表DFMは初戦逆転勝ちを収めたKABUM!GAMINGと再び戦いました。

初日に大暴れしたタムケンチを取られたDFM。 しかし、ここから驚きのPICKを見せていきます。 なんとソラカとヴェインをPICKしていきました。

それに対しKABUMはレーンを圧倒するためにヴェル=コズをPICKします。

開幕から苦しい展開に

レイトになれば強いはずのDFM。

差を広げられないようにレーンフェイズを乗り越えたいところ。

しかし後のないKABUMはそれを許しません。 TOPレーンのエイトロックスを助けるためにスカーナがガンクをしかけていき、ファーストブラッドを獲得。

何とか取り返そうとSteal選手もTOPにガンクをしかけますが、うまく捌かれてさらに2キル目を献上してしまいます。

食らいつくDFM

序盤に築かれたリードをしっかりスノボウリングしていくKABUM。

徐々にそのゴールド差は広がっていきます。 しかし、前回も負けているところから逆転したDFM。

なんとか食らいつこうとBOTでyutaponとEviのコンビネーションでキルを稼いでいきます。 さらに、前回の戦いの再現かのように、なんとバロンをStealがスティール。

ここからまたDFMの逆転か!? という展開に。

逆転するには開きすぎたゴールド差

KABUMが一枚上手でした。 途中負けを取り返そうとグールプし、仕掛けていったDFM。

しかしその代償として、サイドレーンのCSや経験値を得る事ができていませんでした。 スティールしたバロンも、開きすぎたアイテム差によりうまく活用することができず、何もできません。 そして、2つ目のバロンはもはやスティールを行う位置に辿り着くことも出来ず、とられてしまいます。

もうどんなに不利だろうと仕掛けないと負けてしまうDFM。 決死の集団戦を仕掛けますが、広がり過ぎた戦力差の前に虚しくも敗北してしまいました。

https://twitter.com/Official_LJL/status/1047420467085172736

しかし可能性はまだまだある

負けてしまったDFMですがまだまだ突破の可能性はあります。

DFMがC9に勝利することができれば突破する可能性はとても高いです。 また、負けてしまってもC9はKABUMに勝つ可能性が高いので2位の座を争い三度、KABUMと戦います。

突破するポテンシャルを秘めているのは間違いないはずです。 がんばれDFM!

RiotGamesJPのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

Twitterでフォローしよう